太田市の矯正歯科 | くぼた歯科医院では一般治療、矯正治療、ホワイトニングにご対応しております。
HOME>くぼた歯科・矯正歯科ブログ

くぼた歯科・矯正歯科ブログ

平成24年 8020運動達成者表彰 
11月8日、平成24年度の8020運動達成者表彰式を院内で行いました。
当院では、今年は6名の方が受賞することが出来ました。

受賞された方々 志村博さん(87歳)
           高橋輝夫さん(83歳)
           田部井和密さん(80歳)
           大澤キヨ子さん(81歳)
           持田清子さん(80歳)
           柴崎晶子さん(83歳)

その中から2名の方に「健康のひけつ」についてお話しを伺いました。

まず、大澤キヨ子さんにお話をお伺いすると、大澤さんの健康のひけつは、ウォーキングとグランドゴルフということでした。
特にウォーキングは、1日1万歩を毎日欠かさずに実践されているということです。

次に田部井さんにお話をお伺いすると、田部井さんのモットーは
「無理をせずにコツコツと―」ということでした。
田部井さんは、18歳でお父様より家業の農業を受け継ぎ、以来ずっと一家の大黒柱として頑張ってこられました。
どんな時も、決してあせらず、体を大切にして、コツコツ努力することの大切さを教えて頂きました。

そして、皆さん共通することは、健康でとても素敵な笑顔をもっていらっしゃるということです。
人生の先輩でもある6人の皆さん。
益々お元気で長生きして下さることを心から願っています。










投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
議員会館訪問
9月20日(木)に、ぐんま女性歯科医師会の代表(数名)として、衆議員会館、及び参議院会館を訪問しました。
目的は、衆議院議員の小渕優子先生と参議院議員の石井みどり先生に、ぐんま女性歯科医院の会の顧問をお願いするためです。

議員会館は、大変セキュリティーに厳しく、氏名の確認や金属探知機によるボディチェックや手荷物検査を受けた後、やっと入館することが出来ました。
まず私達は、小渕優子先生のオフィスを訪問しました。小渕先生は、スラリとした長身を黒のシックなワンピースに包み、素敵な笑顔で私達を迎えてくれました。とても美人で、2人の男の子のママととは思えない程でした。

小渕先生は、最近も国会にて少子化問題における代表質問などを活発に行っておられます。私達も最初はやや緊張気味でしたが、小渕先生のフレンドリーな人柄にすぐに打ち解けて話すことが出来ました。小渕先生は少子化問題について日頃から良く取り組まれていることから、子供たちの口腔の健康について特に関心を示されていました。また、ご自身も子供の頃に矯正治療を行って今は本当に良かったと思っていること、そして現在もメンテナンスに歯科に通っていることを話して下さいました。
「私は歯のクリーニングが大好きなんですよ。」ともおっしゃっており、歯を大切にしている様子が伺えました。



次に私達は、参議院会館へと移動し、石井みどり先生のオフィスを訪問しました。
石井先生は、私達歯科医師の代表として、4年前の初当選以来、「国民歯科治療の充実、発展」のために、日夜奮闘して頂いています。
私達が先生のオフィスに入って行くと、石井先生はテーブルの上にうず高く積まれた資料を相手に勉強中でした。
「どうも宿題が多くてね!」と茶目っ気たっぷりにおっしゃいましたが、石井先生が日頃から、いかに真摯な気持ちで国政と向き合っておられるか、一目で分かりました。
そしてここでも、歯科の診療環境改善のため、全力で活動して頂くことを約束して下さいました。

その後は、石井先生のご好意で、国会議事堂見学ツアーに参加し、誠に有意義な1日を過ごすことが出来ました。                                           

久保田順子






投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
第2回楽友クラブコンサート
平成24年6月10日(日)に、第2回楽友クラブコンサートが太田市内のヤマハスズキホールで行われました。
楽友クラブとは、太田及び桐生の医師、歯科医師で結成された音楽の会です。
楽器もピアノ、エレクトーンをはじめ、フルート、ヴァイオリン、パーカッションなどがあり中々多彩です。



私こと院長は、ギターの弾き語りで井上陽水の曲を2曲演奏しました。
曲名は、「おやすみ」と「新しいラプソディ」です。



副院長の妻は、ピアノ・エレクトーンアンサンブルで「世界に一つだけの花」、又、フルートの伴奏で「見上げてごらん、夜の星を」や、「G線上のアリア」などを演奏しました。



これは、全員による合奏で「サウンドオブミュージック」のテーマを演奏しました。
また次回が楽しみです。

投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
平成23年度 8020運動表彰
8020運動とは、日本歯科医師会が推進しているしている、
「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することが出来るといわれています。
そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにー。」
との願いをこめて、この運動は行われているのです。

当医院では平成23年11月、4名の方が8020運動達成者として表彰されました。



田端政二さん(83歳)
いつもかくしゃくとされていて、元気な挨拶をされる田端さん、おめでとうございます。





茂木いせさん(83歳)
いつも優しく穏やかで、笑顔の素敵な茂木さん、おめでとうございます。






野村千代子(81歳)
歯磨きにも関心が高く、定期的にケアされている野村さん、おめでとうございます。










投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
いわき市へ

先日、夫、私、そして郡山の大学に通う次男でいわき市へ行きました。

まず、小名浜公園にある三崎公園へ ―
ここは、太平洋に張り出した、緑豊かな公園です。

  
震災以来、7月16日から再開されたという「いわきマリンセンター」に登ってみました。
エスカレーターを降り、海抜106mのスカイデッキに到着すると、小名浜港をはじめ、太平洋を見渡す360度の展望に思わず歓声を上げました。
しかし、この日の明け方3時ごろ、郡山のホテルで震度5弱の揺れを体験したばかりだったので、もしここで地震が起きたら・・・と思うと、ちょっと不安でした。



さて、昼食は食べログで探しておいた「どんぶり屋」へー。店内は開放的で地元の方々で活気もあり、海の幸たっぷりの「海鮮丼」に舌づつみを打ちました。
そして、帰り道ー。通り沿いでは、魚卸市場や食堂など、津波の影響なのかまだ閉まっている所もあり、震災の爪あとを感じずにはいられませんでした。
港町が、早く元の賑わいを取り戻してくれることを祈りながら、いわき市を後にしました。

 
投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)