太田市の矯正歯科 | くぼた歯科医院では一般治療、矯正治療、ホワイトニングにご対応しております。
HOME>くぼた歯科・矯正歯科ブログ

くぼた歯科・矯正歯科ブログ

おすすめの本



 少し前に読んだ本ですが、記憶に深く残った本がありますので紹介致します。
それは、ちくま新書から出ている岩田靖夫著「よく生きる」という本で、いくつかの講演などをまとめたものです。

 その中で、自己実現(自分が持って生まれた能力を、可能な限り十分に発展させて生きていくこと)には、人間の本当の喜びがなく、生きる喜びは「他者との交わり」のうちにあると言っています。私は、あっと思いました。
私たちは、ある程度、この自己実現を目指して生きているのではないでしょうか。その中には本当の喜びはないのでしょうか。そして著者は結論として(その理由として)次のように言っています。

 「人間は生きていくためには自己実現を目指さなければなりません。自分を確保しなければなりません。そうしなければ、生きてゆかれません。仕事をして、お金儲けをしなければ生きてゆけません。だから、そういう意味では、エゴイストをやらなければ生きてゆかれないのです。これが人間の宿命です。
 しかし、本当の幸福はそこにあるのではなくて、小さな自分を忘れて他者に奉仕することにあるのだと言いたい。そのことによって、人は人と本当の交わりに入ることができます。他者は無限に高い存在だから、他者に対しては奉仕するという関係しかありえません。そうして、ひたすら他者に仕えているときに、無限に高い他者の方から、かれの自由の深淵から湧き出る善意の贈り物が返って来るかもしれません。そのとき、愛し愛されるという奇蹟が起るのです。それが人間の究極の幸福です。」

 この本は、人間の幸福について、自分と他者との関係について、自分と患者さんとの関係について、改めて考えさせてくれました。
 

投稿者 くぼた歯科・矯正歯科 (2010年4月30日 22:08) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :